フリーメイソンは女性禁制なのでしょうか?

フリーメイソンは女性禁制?

フリーメイソンは女性禁制であるという噂があります。
実際のところはどうなのでしょうか??

 

日本グランドロッジのフリーメイソン公式サイトによると以下の文章が書いてありました。

 

1957年の創立以来、日本グランドロッジでは男性のみを会員として受け入れています。

 

どうやら噂は本当のようです。

 

女性でも入会できる例外

基本的に女性禁制となっていますが、女性でも入会できる制度があるそうです。
以下ウィキペディアから転載。

 

外郭団体として第3階級マスター・メイソン(親方。#階級参照)の妻、母、姉妹だけが入会できるイースタン・スター(東方の星の結社)(The International Order of Easten Star)が存在する。

こうした外郭団体は、女性を対象とするものでも会員(もちろん男性)がお目付役兼サポーターとして付けられている。
また、一部のロッジでは、女性のフリーメイソンリー会員を認めているところもあるが(例えばGrande Loge féminine de FranceやGrande Loge mixte de France)、多くのロッジでは伝統などを理由にこれを認めておらず、排除している。

ちなみに女性会員の場合でも呼び方は「シスター」ではなく「ブラザー」である。

 

ふむふむ。
少数派のロッジにのみ適用される例外中の例外という事なのですね。
ちなみに日本ロッジは完全女性禁制とのことです。

 

子供が入会する例外

ちなみに子供でも外郭団体として入会することはできるのだとか。
以下ウィキペディアから転載。

 

子供から入会できる外郭団体としては、男子はディモレー結社(デモレー)、女子は国際ヨブの娘たち、少女のための虹の国際結社(虹の少女たち)などがあり、ボーイスカウトやガールスカウトに類似する活動を行っている。

ディモレー結社や虹の少女たちは、親が非会員でも入会できる。

 

これらも海外においての話であり、日本には馴染のない制度のようです。

 

家族として催しに参加している人も

フリーメイソンが主催する催しに家族が参加するという分には問題ないようです。
メソニックこどもまつり等が有名ですが、女性・子供も普通に参加していますし、屋台等にも参加しているようです。

 

まとめ

まとめると、日本において女性や子供がフリーメイソンに入会することは不可能であるということがわかりました。
太古の時代からある文化を大切にするフリーメイソンですので、仕方ない事なのでしょうね。

 

4 Replies to “フリーメイソンは女性禁制なのでしょうか?”

    • M K

      住所の記載がありましたので、そちらのコメントは削除させて頂きました。

      フリーメーソンの方にお話しを伺ったのですが、直接近くのロッジへ連絡し、見学をお願いし、それでも入会を志願するのであれば入会が可能だそうです。

      制約もございますので、詳細は近くのロッジへお問い合わせをお願いします。

    • M K

      住所の記載がありましたので、そちらのコメントは削除させて頂きました。

      フリーメーソンの方にお話しを伺ったのですが、直接近くのロッジへ連絡し、見学をお願いし、それでも入会を志願するのであれば入会が可能だそうです。

      制約もございますので、詳細は近くのロッジへお問い合わせをお願いします。

フリーメイソングッズのおすすめランキングへコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です