北朝鮮が化学兵器開発!来年に発射?イルミナティーカードが予測!

北朝鮮が細菌ウィルス化学兵器へ着手しているという事実が判明しました。
炭疽菌ICBMだけではなく、ペスト菌やコレラ菌、天然痘までも所有しているというのでとんでもない話だ。

 

炭疽菌は菌。
ICBMはロケット。
これらが投入され、爆撃を食らえばひとたまりもない。

 

これまでの炭疽菌が関連した事件・事故

一番記憶に新しい炭疽菌の事件といえばアメリカで2001年に起きたアメリカ炭疽菌事件でしょう。

 

炭疽菌が入った封筒が送られてきて、それを開けた5名が肺炭疽菌発症して亡くなった事件です。

 

2007年には中国で炭疽菌感染により牛が数十頭と人間への感染もあったとされています。

 

炭疽菌の種類

炭疽菌には1000を超える種類が存在しています。
その中でも殺傷能力が高いとされているのが【エームス】と呼ばれるものと【ボラム】と呼ばれているもの。

 

エームスやボラムに感染してしまえば、ほぼ生存確率はありません。
それほど強力な化学兵器なんです。

 

炭疽菌の特徴

炭疽菌の特徴としては以下。

 

・人から人への感染はない。
・有効なワクチンは存在している。
・短期間で致命的な拡散性・危険性がある。
・汚染された環境の修復が容易。

 

すなわち!
感染拡大は無いにせよ、投下された時の致死率は非常に高く、ワクチンが間に合わないという可能性、ワクチンが足りないという可能性が非常に高くなります。

 

これはとても甚大です。
北朝鮮の今の経済制裁現状を考えると、我武者羅になってミサイルを撃ってくるなんてことにもなりかねないと思います。

 

それと同時に懸念すべきはアメリカと北朝鮮が戦争になるかもしれないということでしょう。
アメリカの手に掛かれば北朝鮮なんてダニをつぶす位いとも簡単でしょう。

 

しかしそこにはいくつものリスクがあります。
さすがに化学兵器はやり過ぎです。

 

イルミナティーカードの予言によると

イルミナティーカードではすでに予言されています。
それが九州の福岡が首都になる】【複合災害が東京で起きる】【どこかに原子力爆弾が投下されるというもの。

 

詳細は別記事

全てが計画的だった!?イルミナティカード。イルミナティカードとはアメリカのゲーム製作会社として有名な「スティーブ・ジャクソン・ゲームズ社」が1995年に作ったカードゲーム。正式名称は「イルミナティ・ニューワールドオーダー」。カードに書かれた内容がその...

 

こちらにて確認してください。

 

今私たちにできることは何でしょうか?

フリーメイソングッズのおすすめランキングへコメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です